「テレショップな日々」 バックナンバー

 

 

   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひーコラム  ☆★テレショップな日々★☆
                          発行日 2003/12/01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Vol.005 ショップチャンネル(上)〜根津ちゃんと、かなえちゃん〜


 私が地元のケーブルテレビに加入したのは、今から約5年前。放送局付近で強い風が吹くと突然放送が中断することがあるのが難点だが、アンテナが不要だし、視聴できるチャンネルが一気に増えたことが、当初はものすごくうれしかった。

 私が最初にはまったのが、いわゆるスポットCM。普通のチャンネルだとニュースや天気予報が入り込んでいる、番組と番組の間のほんの5分くらいの時間に、テレショップ番組が流れるのだ。それも、まるで視聴者を洗脳するが如く、繰り返し同じ内容の番組が放送される。
 ちなみに、この類の番組がきっかけで出会ってしまうことになったのが、Mr.Puchibanというおっさんだったのだ。

 ケーブルテレビでは、スカパー!などのCS放送の一部を視聴できるのだが、その中に「買い物専門チャンネル」というのが存在する。とにかくずーっと、何らかの商品が紹介されているのだ。
 5年前、私がケーブルテレビを視聴するようになって初めて出会った買い物専門チャンネル、それが「ショップチャンネル」である。今年開局7周年。

 普段よく見られるテレショップ番組とは違い、ショップチャンネルにはレギュラーの「商品紹介人」が10人程度おられる。彼等は「キャスト」と呼ばれ、交替で番組進行を務められている。ちなみに、ほとんどが女性である。

 キャストが紹介する商品は、ジュエリー・アクセサリー・衣類・食品・化粧品・電気製品等、実に様々である。時には「どこがいいんだろう?」と思われる商品も登場するけれど、キャスト達はいつも笑顔。
 1人が担当する時間は、短くても30分。生放送で2〜3時間続くこともある。ゲストが登場すると、さらに番組進行が大変である。

 さてこのキャストだが、年月が経つにつれてやはり入れ替わる。5年前からずっとおられるのは、玉さん、今井さん、松本さん、根津さんの4人である。

 玉さんは数少ない男性キャストのうちの1人なので、大体どんな商品紹介もそつなくこなされる。でも一時期盛んに紹介されていた「ダイソン社製掃除機」の時は、必ず玉さんだったな。
 松本さんはジュエリー紹介時には欠かせない女性で、おしゃべりも大変丁寧だ。特に外国からの男性ゲストの相手をされることが、大変多い。
 今井さんもジュエリーを担当されることが多いが、化粧品紹介でもはずせない女性である。

 さて、根津さんである。
 私は勝手に「根津ちゃん」と呼んでいるのだが、とにかく彼女はおもしろい。最近はだいぶ落ち着いてしまわれて少々物足りないのだが、数年前までの壊れ具合は見事であった。
 彼女見たさに、私はチャンネルを一時期よく合わせていたくらいである。

 数年前までの彼女はとにかく機関銃のようにしゃべり、すぐ話を脱線させ、ぼけとつっこみを1人でこなし、なかなか本来の商品紹介の場に戻ってこない。あまりの壊れ具合に、視聴者から苦情が入っていたらしい。
 運動が好きで、サプリメントにも詳しい。

 やかましいことこの上なかったのだが、彼女の商品紹介が私は好きである。視聴者が理解しやすいよう、客観的に説明するのがとてもうまいのだ。身近にある商品にたとえて説明したり、使用例などを具体的に述べられるので、非常にわかりやすい。
 何よりも、食品紹介の時の試食。下手な俳優さんよりおいしそうな顔をする。

 私は密かに根津ちゃんのことを「食べ物担当」と呼んでいたのだが、後年彼女より数段恐ろしい女性キャストが登場してきた。
 それが、かなえちゃんである。本名は伊藤さん。

 食品紹介の際には、生産者や製造会社からやってくるゲストがよく登場する。彼等はスタジオで製作工程を実演したり、よりおいしい食べ方や調理法などを紹介してくれたりするのだが、かなえちゃんはその話を「聞かない」のである。

 商品を紹介する時間枠が決まっているということもあるのだろうが、彼女はとにかくマイペース。ゲストがしゃべっている話を途中で中断させることも、しばしばである。内気なゲストだと、話す機会さえ奪ってしまうのである。

 しかしこのかなえちゃんの真骨頂は、試食である。ゲストに作業をさせたまま、実に勢いよく、思い切りよく、おいしそうに食べる。多少形が大きい物でも大きな口をあけて、一口で食べてしまう。
 その後、彼女は実に幸せそうな笑顔を満面に浮かべる。その顔を見たゲストは、みんな本当にうれしそうなのだ。

 きっとあの笑顔にだまされて注文の電話をしてしまった視聴者は、かなり多いはずである。恐るべし、かなえちゃん。


ショップチャンネル http://www.shopch.jp/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今回の「テレショップなひとこと」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その1

「何でもほしがるお嬢さん」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<「ひとこと その1」の解説>

プライムテレショップに最近登場している、宮内恒雄さんのひとことである。

この宮内さんはフリーアナウンサーで、様々な司会やナレーションも務められているとのことだ。私はだいぶ前、違うテレショップで時々お見かけしたことがある。

この日は、様々なテレショップで引っ張りだこの根本りつ子さんとご一緒である。オープニングで彼女は「お買い物大好き!」と自己紹介する。
そのセリフを受けて、宮内さんがこのセリフをのたまわれるのである。

それにしても・・・根本さんは既に40代半ば。そんな女性に向かって「お嬢さん」とは・・・。一瞬だけど、根本さんはムッとした顔をしてたよ。


宮内さんプロフィール
 http://www.keizopro.com/profile/tsuneo-miyauchi.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その2

「ゴマを食べると安心するんだよね。心が安らぐっていうのか」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<「ひとこと その2」の解説>

サントリー「セサミンEプラス」のテレショップ(30分版)に登場する、不識庵・藤井宗哲さんのひとことである。

この不識庵というのは鎌倉にあり、精進料理を提供する場所だ。藤井さんが作る精進料理にはゴマがたくさん使われている、と番組内で紹介された後、このセリフをおっしゃっている藤井さんが映し出される。

このセリフ自体は普通だけれど、藤井さんのゆっくりとした口調が誠に趣があるのだ。妙に納得させられ、私などはついテレビの前で「そうなんですかぁ」とうなづいてしまう。


不識庵 http://fmari28.ld.infoseek.co.jp/