「テレショップな日々」 バックナンバー

 

 

   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ひーコラム  ☆★テレショップな日々★☆
                          発行日 2003/07/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Vol.001 岸塚照正さん


 このお名前を見て誰だかわかった方は、結構テレショップを見ておられる方だと思う。
 この岸塚さん、今年に入ってからやたらとテレショップ(主にプライム系)に登場されている。私が見かけるときは、いつも赤いベスト姿。
 孫が2〜3人いそうな感じの、小柄なおっちゃんである。

 売っている商品は、「ラナパーレザートリートメント」。皮革製品を保護する「栄養クリーム」なんだそうである。
 どろどろに汚れた革靴、色が変わったジャケットや鞄が、さっとひとふきするだけできれいになるという優れもの。他にも使い道がいろいろあるそうで。
 ドイツ製で、専用スポンジ付き。2個6,000円也。

 テレショップに登場する生活雑貨関係の外国製商品は、ドイツ製が多い。
「匠の国ドイツ」というイメージからなのだろうか。

 マットの裏までしみこんだインクを見事に落としたり、色落ちした水をたちどころにきれいにするというデモンストレーションで、以前大ブレークした「イオンマルチクリーナー」も、確かドイツ製だった。
 そういや、ブロックを削っても切れ味は変わらないという包丁もドイツ製だったような。あれをさかんにPRしていた井上さん、元気かなぁ。

 岸塚さんが登場するまでは、確か違う人がラナパーを紹介していたと思う(ひげを生やした男性。お名前はわからない)。この人は、1個売りもしてくれていたはずだ。
 なのにこの岸塚さんが登場してからは、このひげの男性は消えてしまった。

 芸能人司会者とからんで登場するバージョンと、お一人で登場するバージョンがあるのだが、お一人バージョンの方がさらに初々しい。

「においもほとんどしませんよ。さぁ、どうぞ」とか言いながら、ラナパーをテレビカメラ前に出す岸塚さん。
 その手がちょっと緊張気味に震えているのを、私は見逃さなかった。

 それよりも、ラナパーがほとんどにおわないかどうかは、テレビではわからないんだけど・・・。
 そんなつっこみを入れつつ、「お茶目な岸塚さん♪」と思いながら見ている私。

 私は、この人の良さそうなおっちゃんの素人っぽさ、土臭さが、妙に気になるのだ。
 たとえて言うなら「マルチカッター」を紹介し続けている村松さんに通じるような、素人っぽさに。

 セリフを一生懸命覚えて、とにかく必死になってしゃべっている。村松さんあたりになると、毎回一言一句違わないのだけれど、そこはまだ初心者の岸塚さん。バージョン毎に微妙に違う。
 それが、この人はまじめなんだろうなって世間に思わせる。

 テレビって、怖い。
 ラナパーが売れている原因は、たぶん岸塚さんのキャラクターだと思う。

 今後、岸塚さんがテレショップに居残るのかどうかは定かではないけれど、このキャラクターは壊さないでほしいなと切に願う、私である。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今回の「テレショップなひとこと」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「・・・いえ、かみます・・・」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<ひとことの解説>

鮫肝油PR番組(30分)の中で出てくるセリフである。

体によい魚を探して気仙沼にやってきた、車だん吉さん。鮫のことを詳しく知るために、鮫の博物館であるリアスシャークミュージアムに足を運ぶ。

案内嬢と共に、「イヌザメ」という鮫の水槽前にやってくるだん吉さん。
彼女は「(イヌザメは)おとなしーい鮫です」と説明する。
だん吉さんが「かまないんですか?」と確認すると、案内嬢はぽそっと言う。

「・・・いえ、かみます・・・」

彼女曰く「動きがおとなしーい」んだそうである。
周りは爆笑。だん吉さんは本気でのけぞっていた。